あなたの集めた切手コレクションの中にプレミアの価値がついたお宝があるかもしれません!

中国切手の買取り その2

ピースサインをする女性

中国切手は他の外国切手に比べ需要と供給が盛んで、値段も高額になっています。日本切手の価値が下がり続ける中、中国切手だけは勢いを増しています。中国切手は歴史背景に影響を受け切手の発行枚数が極度に少なく貴重なものもあります。

有名なのは「赤猿」等の動物シリーズ、毛沢東・天安門などの文化芸術シリーズ等です。

 

動物シリーズ

赤猿切手

「赤猿」は1980年発行、中国発の年賀切手です。

切手買取り店では数万円で買い取ってくれるプレミア商品で、1955年以降に発行された切手に価値が余りつかない日本と比べて驚きの買取り価格です。大胆な赤の使い方は、日本切手では見られないもので異国情緒も感じられます。

赤猿切手の特徴は、長時間空気に触れる事で表面の金色が酸化し変色してしまう事です。そうなると価値は各段に下がってしまうため、取り扱いには気を付けましょう。

酉切手

「酉」は1981年発行の年賀切手です。

白を背景に大胆な色彩で描かれた酉が美しいですが、前年度発行の「赤猿」ほどには、高額買取りはしていません。しかし、額面額が8分のところ1枚、千円以上での買取りと考えれば価値のある切手と言えます。

オオパンダ切手

「オオパンダ」の魅力は水墨画で書かれたリアルな動きとシンプルな愛らしさです。

これだけで切手コレクターでなくても欲しくなる一品と言えるでしょう。こちらの絵は中国の画家・呉作人さんが描いたパンダが採用されています。

1次 1963年発行3種類1セット
2次 1973年発行6種類1セット
1枚手に入れたら全部を集めたくなるマニア心を刺激する切手です。

中国切手は偽造が多い?
過去、多くの日本企業が中国に進出を行っています。企業進出のブーム1回目は、1980年代半ばで多くの技術者等が中国に出向いています。同時に中国は、物価が安いだけでなく長い歴史を持つ魅力的な観光地でもありました。

日本の切手ブームは終わっていますが、小さな芸術・美術品として中国切手を購入する日本人は多くいたのです。

そのため、日本国内には中国切手が数多く眠っていると言われていますが、日本国内にある切手には残念ながら偽造切手が多く混じっています。特に人気があり高額で売買されているものに多いのが、非常に残念です。

偽造切手の見極めポイント
中国切手が本物か偽物かの判別は難しいですが、いくつかのポイントがあります。

偽造切手の場合、黒い斜線が切手の右下に入っているのです。他にも色合いや印字、目打ち、字体で判別する方法があります。しかし、専門知識がない素人には判別が困難です。

お手持ちの切手が本物か偽物か?
中国切手の中では、鑑定額4~5000万円のものもあります。出回っている枚数が多い赤猿でも、十万円を超えるものが多いいので、価値の高いプレミア切手だからこそ、買取りを考えるなら確かな専門家に査定を任せたいものです。

切手買取業者口コミ比較ランキング| TOPへもどる↑