あなたの集めた切手コレクションの中にプレミアの価値がついたお宝があるかもしれません!

切手の買取りについて

海外の切手

かつて文通に使っていた切手の残り。祖父が集めていた大量の切手。使う予定の無くなった切手を処理方法の一つに、切手の買取り店に売ると言う方法があります。切手を買い取ってくれるのは、下記のような業種です。

リサイクルショップ

リサイクルショップの特徴は、様々な種類のものを取り扱っていると言う事です。

買取りの査定は専門知識の無いスタッフが、一般的な相場から査定を行うため、想定していた価格よりも高い査定もあれば、極端に安い査定になることもあるので、切手本来の価値を評価してくれているとは言えません。

少しでも高く売却しようと考えるなら、他の方法での売却も視野に入れてください。

金券ショップ

金券ショップとは、金券の取引所です。切手は有価証券ではなく金券ですから、金券ショップで取引が可能なのです。

金券ショップでは、切手は数ある金券の中の1つとして扱われているため、汎用性のある切手が重視され、普通切手などは比較的高値で取引されています。反面、額面よりも高額の価値が付くプレミア切手などに対しては、相場よりも安くなることが多いです。数が多い・バラになっている・仕分けがしていない等から、引き取ってもらえない場合もあります。

店頭買取りの切手専門店

切手ブームが去っても、未だ切手コレクターの人達は存在します。そのため切手買取りの専門店もあります。

切手に対する専門知識を持つ人も多くプレミア切手等にも適正な査定を行ってもらえます。店舗に赴きスタッフに査定をしてもらうため、換金まで比較的スムーズに進める事が出来ます。

実際に目の前で査定してもらうため枚数や切手の紛失などのトラブルがありません。査定に納得いかない場合は、そのまま金銭交渉を行えるのも店頭買取りのメリットと言えるでしょう。

宅配買取りの切手専門店

切手を売却するための時間が持てないが、早く処理をしたいと言う方に向いています。

切手専門店に買取りしてほしい切手を郵送し、査定を行ってもらいます。査定金額に納得した場合、売買取引が成立となり金額が振り込まれます。これらの業者は違約金・査定費用等を取ることなく、返品に応じてくれます。

しかし返品時の送料は、大抵の場合お客様負担となりますのでお気を付けください。切手を売却するときは、売却する切手の価値を知っている事で、優位に取引できる可能性があります。切手は買取り先によって価格が違います。

どのような切手を買い取ってもらうのかによって利益の多い買取り先を選ぶと良いでしょう。

切手買取業者口コミ比較ランキング| TOPへもどる↑