あなたの集めた切手コレクションの中にプレミアの価値がついたお宝があるかもしれません!

記念切手の買取り

手のひらにお金

日本における記念切手は、発売当初は国家的事業を記念し発行されていました。販売期間や発行枚数の制限がなされている、記念に関係するデザインがされていることが普通切手との大きな違いと言えます。郵送の際に利用できると言う点においては、普通切手となんら変わりはありません。現在では買取り価格も普通切手より低い事が多いです。

記念切手の始まり

1894年3月9日が日本における初めての記念切手の発行です。「明治天皇の銀婚記念切手」でこの切手にはINPERIAL WEDDING 25 ANIVERSARYと書かれています。

2銭(赤色)1480万枚発行 買取り額 16,000円程度。
5銭(青色)100万枚発行  買取り額 22,000円程度 の2種類、サイズは通常切手の倍の大きさです。

記念切手

昭和初期までの記念切手は、天皇即位をはじめとする皇室の慶事記念や明治神宮・伊勢神宮に関するものでした。

そのため記念切手は、数年に1度発行されると言う極めて珍しいものだったのです。

戦後以降の記念切手にはプレミア切手がないのか?

第二次世界大戦以降、記念切手は年間数十種類発行されるようになりました。発行枚数も増加し、希少価値が失われたのです。そんな中でも高額をつけたのは、1948年発行 大阪逓信展記念切手や見返り美人です。

大阪逓信展記念切手

見返り美人切手

状態の良いものならば、数万円の価格で買取りを行ってもらえて、これらのように高額が付くプレミア切手は、少数ですが度々出現するのです。

プレミア切手の定義には、「額面金額より高額で買い取ってもらえる」と言うものがあります。この高額と呼ばれる金額は「1円でも上回るならプレミア切手ですよ」と言うことなのです。そのため、プレミア切手とされるものは沢山存在するのです。

人気の記念切手

発売地域限定切手
愛知万博寄付金付き切手が有名です。全国版255万シート発行されたのに対して、パビリオン版9種は5万シートずつしか発行されませんでした。トヨタが大量購入してしまったため、切手収集家の手元に届かなく高値がついています。

シリーズ切手
シリーズ後半に切手収集を始めた人達が、シリーズ前半の切手も揃えたいとなるため人気が高まる切手も存在します。

キャラクターもの
特に人気の高いアニメ・キャラクター物に関しては需要が高くなります。切手に興味がない人であっても、描かれているキャラクターのコレクションをする延長として購入するからです。

しかし記念切手の現状は、過剰発行のために額面以下での取引が殆どと言えます。これは高く売れるかも?と気になる切手がお手元にある場合は、買取り店に査定をお願いしてみると良いでしょう。

切手買取業者口コミ比較ランキング| TOPへもどる↑