あなたの集めた切手コレクションの中にプレミアの価値がついたお宝があるかもしれません!

買取り相場について

電卓をうつ人

切手買取り専門店に切手を買い取ってもらう場合は、様々な条件で価格が変化します。現代では切手ブームは去り、切手を購入するために長蛇の列を並んで購入するなどと言う話は全くありません。

切手コレクターと呼ばれた人達も、時代の流れと共に少なくなってきているのです。

コレクターの減少原因
郵便局によって切手収集家をターゲットにした記念切手の乱発が行われています。

それだけでなく、現在は郵便局でオリジナル切手の作成も可能です。切手は小さな芸術品として収集に好ましいとされていましたが、ネットの普及により集める必要はあるのか?と考える人も増えてきているのです。

切手の価格変動
コレクターの減少により、切手は日々その価値が下がってきていると言われています。切手コレクターの中でも有名な「月に雁」は、昭和40年代の切手ブームの際には、今よりも初任給が低かったにも関わらず6~7万円の価値がついていました。

現代では値下がりの一途をたどっていますが、未だに1枚2万円の価値がつく事もあります。コレクションを現金化する価値はあるものの、買取り価格は日々下がっている状態なのです。そのため早めの売却決断をした方が良いと言われているのです。

普通切手の査定ポイント

シート状態か?バラ状態か?
シート状態と言うのは、販売されていた状態で切手が綴られ四隅が白い耳紙(余白)で覆われている状態を言います。バラ状態とは切手1枚1枚が切り離された状態を言います。シート状態の方がバラよりも買取り価格が上昇します。

1枚のシートに綴られている枚数が少ないお年玉切手等の小型シートは、買取り価格が低く設定されます。プレミア切手ではない一般的な切手の場合は、郵便用として実務に使われる想定で買い取られます。

額面金額がいくらか?
利用者の多い50円以上の場合には、利用者の少ない50円未満より売却率が高くなります。
これは、顧客が購入する際の需要に応じた仕入れを行うためなのです。

プレミア切手の査定ポイント

切手の状態
切手がどのような状態で、どんな場所に、どのように保存されていたか?で、切手の良し悪しが変わってきます。保存状態が悪い場合は、日に焼けて色が変わる等の変化があるからです。

切手価格査定には、使用に影響の無い欠け・傷・色代わり等でも買取りに影響が出ます。

発行枚数の多い少ない
普通郵便切手か、記念切手かによっても価値は変化します。
誰でも購入でき何処でも発行している切手と、持っている人が少ない切手では、当然のように価値は違います。

プレミア切手の査定は、実際に利用する際の使いやすさは価格査定に影響しません。販売当初により近い状態の切手が高額で取引されます。切手には、額面価格・評価価格・買取り価格などのように価格差が出てきます。

それらを良く認識し、自分が販売しようとした切手の価値を明確にした状態で切手取引に臨むのが良いでしょう。

切手買取業者口コミ比較ランキング| TOPへもどる↑